現在の住所の地域になります。
改めて見るとかなり細かいですね〜
豊島区は、高田 目白 西池袋 南長崎 長崎
新宿区は、高田馬場 上落合 下落合 中落合 中井 西落合
昭和8年の地図ですが、青字は丁目になる前の字(あざ)を表示しました。
例えば昭和6年には
豊多摩郡落合町大字下落合字中原の住所表記が昭和7年には東京市淀橋区下落合2丁目608番地
となったわけです。
椎名町は落合、長崎の字名にはないのですが、椎名町は豊島区淀橋区の境界の役割を担ったと言われてます。
椎名町は今で言う商店街の通称名○○商店街と言った類ではなかったのかと思われます。

下落合1丁目と2丁目を見ると神田川がかなりうねっていたことが分かります。
妙正寺川は余りうねってなく、神田川の暴れ川だったんでしょうね
昔は川が境界、今は大通りとなります。
新目白通り(十三間通り)や山手通りの存在ってやはり大きいです。
昭和8年の地図です。
豊島区長崎も新宿区下落合も豊島郡(武蔵国)と言ってました。
明治11年(1878年)東京府の施行により北豊島郡と南豊島郡に分かれます。
昭和7年の東京市の施行により北豊島郡はに豊島区となり、南豊島郡は1897年(明治30年)に豊多摩郡となり昭和7年に淀橋区、昭和22年(1947年)新宿区となります。
町制施行により長崎村から長崎町の変更は大正15年 落合村から落合町は大正13年です。
複雑なのは豊島区の町名です。
昭和7年の東京市の誕生により長崎村(町)は長崎仲町、長崎東町、長崎南町、千川が出来ました。
目白1丁目は北豊島郡高田村(町)の一部、大字高田字金久保沢、目白4丁目は大字雑司ヶ谷字雑司ヶ谷旭出町となります。
東京市の誕生により目白の地名が本当の意味で認知されたことになります。
その後、昭和14年(1939年)に長崎南町は椎名町となり、長崎東町は長崎となります。
わずか7年の間に何がそうさせたのでしょか?
そして、椎名町の町名は1966年(昭和41年)に消えるのです。
長崎南町(1.2)と長崎東の境は谷端川です。現在は長崎と南長崎は西武線が境界線となります。
現在の町会の区域です。
現住所と同じなのは中落合1丁目と2丁目だけです。


町会とは別に商店街の組織があります。
道路は一本なんですが、目白(豊島区)の商店街、東町会の商店街、下4町会(元二地域)の商店街と分かれてしまってます。
ひとつになればなぁ〜と・・・
本当にむずかしいです。
氷川神社の氏子の四睦の区分けです。
元三睦は曖昧でたぶん間違ってるかと思います>すみません
昔も今も住所は縦割りで坂下も坂上もないことがよく分かります。
しかし、地元の意識ではやはり坂上坂下の意識が高く、町会も睦もこのように分かれてしまいます。
東睦を見れば分かりますように近衛家相馬家の意向がかなりあると言って良いかと思います。
宮元睦は氷川神社、薬王院、東山藤稲荷神社のエリア
元二睦は商店街(椎名町)を意識していたと思われます。

町会と睦のエリアがかなり違う下四町会でした!と言うことになります(笑)
下四町会内にある子安地蔵は町会で管理し大六天は睦で管理してます。
また、上落合は神社そのものが違いますし、豊島区は町会も神社も違うのは言うまでもありません。

出前をしていたころを思い出すと町の区割りには頭が痛いものがありました(笑)
こちらの地図は豊島区の町会です。
参考HPは豊島区町会連合会
http://toshimaku-choren.jp/index.html

下落合の町会との違いは
町会と氏子が同じであるところです。
下四町会と元二睦の範囲が違うって・・・(笑)
しかし、面白いところはどこも同じです。
目白協和会は長崎神社(天祖神社)
目白山紫町会は大鳥神社
目白三丁目町会、目白東町会は高田氷川神社
西池袋南町会は御嶽神社
目白山紫(さんし)町会は元目白町4丁目(字雑司ヶ谷旭出町)と同じエリアで雑司ヶ谷の飛地なため大鳥神社の氏子として現在に至ってます。

目白協和会、南長崎一丁目みどり会、南長崎二丁目町会、南長崎三丁目北部町会の神輿倉は天祖神社
南長崎三丁目南部町会、南長崎四丁目町会、南長崎五丁目町会、南長崎六丁目町会の神輿倉は五郎久保稲荷神社
となりますので
長崎神社例大祭であっても神輿の宮入は天祖神社や五郎久保稲荷神社になることもあります。