01
現在の住所の地域になります。
改めて見るとかなり細かいですね〜
豊島区は、高田 目白 西池袋 南長崎 長崎
新宿区は、高田馬場 上落合 下落合 中落合 中井 西落合

02
昭和8年の地図です、青字は丁目になる前の字(あざ)を表示しました。
例えば昭和6年には
豊多摩郡落合町大字下落合字中原00番地の住所表記が昭和7年には東京市淀橋区下落合2丁目608番地
になります。
椎名町は落合、長崎地域の字名としてありませんでした。
椎名町は今で言う商店街の通称名○○商店街と言った類ではなかったのかと思われます。
それが駅名に使われ町名になり消えても尚別な意味で椎名町ブランドが残る不思議なネーミングです。

下落合1丁目と2丁目の高田馬場の境界を見ると神田川がかなりうねっていたことが分かります。
妙正寺川は余りうねってなく、下落合駅と合流後の神田川は暴れ川であると分かります。
昔は川が境界、今は大通りとなります。
新目白通り(十三間通り)や山手通りの存在ってやはり大きいです。

この地図は下落合氷川神社の氏子の範囲でもあります。
どんなに住所が変わろう新たな道路が作ろうがこの落合村の範囲は動くことはありません。

03
昭和7年の地図です。
明治初期は豊島区長崎村も新宿区下落合村も豊島郡(武蔵国)と言ってました。
明治11年(1878年)東京府の施行により清戸道(目白通り)を境に北豊島郡と南豊島郡に分かれます。
江戸の昔から清戸道(目白通り)は大きな存在です。
昭和7年の東京市の施行により北豊島郡はに豊島区となります、
南豊島郡は1897年(明治30年)に豊多摩郡となり昭和7年に淀橋区、昭和22年(1947年)新宿区となります。
町制施行により長崎村から長崎町の変更は大正15年 落合村から落合町は大正13年です。
複雑なのは豊島区の町名です。
昭和7年の東京市の誕生により長崎村(町)は長崎仲町、長崎東町、長崎南町、千川が出来ました。
目白1丁目は北豊島郡高田村(町)の一部、大字高田字金久保沢、目白4丁目だけは大字雑司ヶ谷字雑司ヶ谷旭出町となります。
大字高田でなく大字雑司が谷ですから神社の氏子が違います。祭りの関係で違いますのでこの飛び町の歴史は今でも生きてます。
そして
東京市の誕生により目白の地名が本当の意味で認知されたことになります。
地元住民では、目白と名乗れるのは上の地図上の目白場所であり、現在の目白4丁目〜5丁目は元椎名町ですね(笑)
住所的にはそう言う話になるのですが、落合地区の住人でもかなりの割合で住まいは目白と言います。
と言うのは、大正時代から始まった現在の中落合1丁目と2丁目の一部、3丁目と4丁目の大半、中井2丁目、西落合1丁目一部にかかる一帯の区域に目白文化村と言う名の郊外分譲住宅の開発がありました。
流れ的には明治に目白駅ができ大正時代には落合地区に目白文化村という通称名の分譲住宅の開発があって
昭和7年東京市誕生によって豊島区内に目白町、昭和41年文京区目白台が誕生します。
そんなこんなで一言で「目白に住む」とありますが
文京区目白台から豊島区目白から西落合や中井の高級住宅街の目白文化村までかなり広範囲を指します。

ちと怖いのが
椎名町は複雑な歴史があります。
昭和7年東京市施行により長崎南町1丁目〜が出来ました、その7年後長崎南町は椎名町へと町名変更となりました。
住民にとっては椎名町になったとたんに戦争となり戦争終結後に帝銀事件で町名は日本で最悪な記憶として有名になります。
町民としては引越したくても引っ越せないほどの土地下落したそうです。
1/10になったという話もあります。
昭和の時代は椎名町価格と言う言葉あったほど物価が安かったようです。
私も新婚生活は椎名町からスタートし楽しかった思い出があります。
屋台のおでん屋に500円買って鍋一杯ですから、しかも美味しい〜
もう一度食べたい。
1966年(昭和41年)に住所の変更がありますが、この時に住民は署名活動を行い椎名町の町名は消えます。
武蔵野鉄道が命名した椎名町駅
その武蔵野鉄道が経営破綻し昭和13年に堤氏が債権を引き受け西武鉄道となりました。
目白文化村を分譲しようとする堤氏ですからもしや椎名町駅と椎名町の町名変更に関わっていたかも?
債権引き受けて戦争動乱の中東京市施行僅か7年後に再度町名変更ってありえません。
少なくともそんなようなことを堤氏なら十分に考えられます〜(笑)

上の地図では長崎南町(1.2)と長崎東の境は谷端川です。
現在は長崎と南長崎は西武線が境界線となります。
長崎南町(1.2)や下落合3丁目の境は山手通りではありません。
神社や氏子の関係です。

下落合氷川神社>下落合1丁目〜3丁目
高田氷川神社>目白町1丁目〜4丁目
長崎神社>長崎南町1丁目〜3丁目
月見岡八幡宮神社>現・上落合1丁目と2丁目半分ほど
中井御霊神社>現・中落合1丁目、中落合3丁目、中落合4丁目、中井1丁目〜2丁目
葛谷御霊神社>現・西落合2丁目のみだと思います。

下落合三丁目は(中落合1丁目、中落合2丁目、中落合3丁目)
下落合四丁目は(中落合3丁目、4丁目、中井2丁目)に分かれました。
下落合五丁目は中井1丁目となったようです。



04
現在の町会の区域です。
現住所と同じなのは中落合1丁目と2丁目だけです。
下落合4丁目在住者でも下落合四丁目町会員でなく知久会員の住民が多くいます。
道路のこっちは四丁目町会(元二睦)であっちは知久会(宮元睦)って絶対に笑ってはいけません。
でも現実です。
全てが昔からの日本人が脈々と守ってきた縄張り、神社、氏子のDNAがそうさせます。
中落合1丁目みどり町会と中落合2丁目町会と中落合3丁目やおい町会は
旧下落合3丁目エリア(元三睦)で神社は下落合氷川神社となります。
中落合3丁目大部分は中井御霊神社です、。
神社が違えば氏子の考え方も違いますので町会も分けざるえません。
そのため中落合3丁目やおい町会は住所と関係なく小さな町会ですが頑張ってます。。

町会とは別に商店街の組織があります。
道路は一本なんですが、目白(豊島区)の商店街、東町会の商店街、下4町会(元二地域)の商店街と分かれてしまってます。
ひとつになればなぁ〜と・・・
商店街に対する区の取り組み方は豊島区と新宿区では違いますので一つになりきれない要因でもあります。
目白通りの街路灯を見て頂ければわかると思います。
道路幅も電柱もあったりなかったりで・・ちょっと(笑)
本当にむずかしいです。

05
本来ある住居表示と区分けと違いますね
住所として昭和8年(02地図)に下落合1丁目〜3丁目の縦割り表示されたものを紹介しましたが
こちらは氷川神社の氏子の四睦の区分けです。
睦との境界線は昔からあった由緒ある道となります。
元三睦エリアは曖昧でたぶん間違ってるかと思います>すみません
山手通り辺りはさっぱりわかりません

昔も今も住所の基本は縦割りで坂下も坂上もなく、皇居に近い方が1丁目となります。
2丁目は西へ向かい表示されます。墨田区辺りだと2丁目表示は東ですね
しかし、神社は地元の意識(氏子)ではやはり坂上坂下の意識が高く、町会も睦もこのように分かれてしまいます。
東睦を見れば分かりますように近衛家相馬家の意向がかなりあると言って良いかと思います。
相馬家の黒門は有名で東睦の氏子たちは神輿を黒門をくぐり酒を振る舞われたそうです。
宮元は神社を中心に川を中心に考えてます。
新目白通り建設のため氷川神社も小さくなり多くの住人や商店も引っ越しをしたため苦労はあったと聞きます。
宮元睦は氷川神社、薬王院のエリア、
東睦は東山藤稲荷神社、相馬邸(おとめ山)近衛邸のエリア
元二睦は商店街(椎名町)を意識していたと思われます。
元三睦は分断の歴史と言ってもいいでしょうか
第一弾
通称道路名が山手通りの建設  
現在、渋谷区松濤二丁目から豊島区要町一丁目までの約8.8kmの区間
は当初決定:昭和21年3月26日 戦災復興院告示第3号  
・主な変更:昭和25年3月2日 建設省告示第112号  【 幅員変更:80メートルから40メートル 】
第二弾
目白文化村と新目白通り
関東大震災の翌年、大正13年(1924年)には第三文化村が現在の聖母病院の西側に小規模に販売され、大正14年(1925年)第四文化村が落合一小の南西側にこれも小規模に販売されました。
昭和43年新目白通り開通、山手通りと相まって体をなくしました。
第3弾
近年の山手通りの拡張は商店の壊滅状態だけでなく人の流れも分断し神輿も山車の横断もできません。
とにかく大変です。

経済優先で道路拡張は仕方はありません。
しかし、伴って町から祭りが消えてなくなります。
隣町の長崎神社が賑やかだからそっちで遊べばいいじゃんでは困ります〜
神社は地を鎮める五穀豊穣を願う役割があります。
年に一度地元の例大祭には御霊入れをした神輿を地元を練り歩きます、
いつもは神社にいる神様が神輿を使って町内を巡回をし地を鎮め五穀豊穣を願う行事が例大祭です。
例大祭は2日ほどの行事。
しかし経費はびっくりするほどの金額がかかります。
経費の根幹奉納金は近年深刻的です。
2020年はコロナで全国的に祭りは中止になり2021年には祭りが開催されることを願います。
一度止めた祭りに対しで同じように奉納金が集まるかどうか
目標の額よりかなり下回るようですと継続は難しかもしれません。
その前に担ぎ手さんが集まらないようではアウトです(笑)


06
こちらの地図は豊島区の町会です。
参考HPは豊島区町会連合会
http://toshimaku-choren.com/chouk-ichiran/

下落合では町会と氏子のエリア違いを説明しましたが
豊島区は町会と氏子のエリアが同じで説明し易いかもしれません。。
ま、どちらも現住所など考慮ナシですけど・・ね。
豊島区は豊島区で面白いところもありますから、どうぞ〜(笑)

目白協和会>長崎神社(天祖神社)
目白山紫町会>大鳥神社
目白三丁目町会、目白東町会>高田氷川神社
西池袋南町会>御嶽神社

目白山紫(さんし)町会は元目白町4丁目(字雑司ヶ谷旭出町)と同じエリアで雑司ヶ谷の飛地なため大鳥神社の氏子として現在に至ってます。
地図でもお分かりのように線路向こうの西池袋の一部にも属してます。

目白協和会、南長崎一丁目みどり会、南長崎二丁目町会、南長崎三丁目北部町会の神輿倉は天祖神社
南長崎三丁目南部町会、南長崎四丁目町会、南長崎五丁目町会、南長崎六丁目町会の神輿倉は五郎久保稲荷神社
となりますので、南長崎3丁目は南と北に町会が分かれます。
長崎神社例大祭であっても神輿の宮入は天祖神社や五郎久保稲荷神社になります。

最後に
若い世代にとって祭りなんて関係ないしこんな複雑なら尚更関係ないと思います。
このページを開設した切っ掛けは下落合四丁目町会のイベントが盛大に催された時に
ある方に下落合4丁目に住んでいるけどそのような告知もなく残念だと言われました。
もちろんそれは誤解でその方は知久会にお住まいの方です。
このHPの掲示板で町会のことを掲載したことが起因です。
しばらくしてHPがウイルスにやられ掲示板含め全て削除することになりました。
このページだけは再度残すことにしたのです。
だって作りながら・・これ面白いじゃん・・?
椎名町という駅名、いったい誰が考えこれにしようと命名したんでしょうか?
その経緯はもう藪の中で解明することはないと思います。
国や県や都の都合で住所表記を変えようも住民はある一定のエリアを守ります。
地の神様がいることを信じ、効率的に他所様の神様に任すことも変更することはできませんから
毎年恒例の秋の例大祭があります。
どこでも金銭的にも人手(担ぎ手)不足で存続が厳しい状況です。
お正月に神社に行くように地元にお祭りがでるようでしたら
必ず神酒所も出ます。
神酒所は地元の神様がお酒を飲んで振る舞うため地元に降りてくる場所です。
神様が乗る神輿を担ぎ地元の五穀豊穣を願いみては如何でしょうか?