椎名町駅〜瀧乃家
椎名町の由来を調べても確かなことはとんと分かりませんでした。
武蔵野鉄道の椎名町駅はどこから来たのでしょう〜?
目白駅のように目白不動からだと言う何かしらの手掛かりがあれば楽なんですけど(笑)
椎名町の「町」が町屋からとすれば
生活共同体としての職業のの中にある家々。特に城下町の短冊型の商家(商いの場や仕事の場を兼ねた商人や職人の家)をさす
となります。
江戸時代に椎名さんと言う方が居てその辺りを通称名で椎名町と言っていたことになります。
目白の近衛町と同じく、どこか一帯を呼称していたことになります。
こちらのサイト「東京長崎村」によれば現山手通り辺りに椎名町という小名(5万石未満の陣屋クラス)が居て 瀧乃家辺りから二又交番辺りの目白通り沿いを椎名町と言っていたそうです。>本当かぁ〜(汗)
瀧乃家の周辺はいったいどんな土地の歴史があったのやら・・・です

武蔵野鉄道(現西武鉄道)の駅名は池袋>あがり屋敷(昭和4年)>椎名町(大正13年)>東長崎(大正4年)
個人的には武蔵野鉄道の駅名のネーミングにかなり違和感を覚えます。
上がり屋敷とは江戸時代の鷹狩の休憩所で当時から地名でなくその辺りを通称名で呼んでいたそうです。
武蔵野鉄道は大正4年明治維新から約50年後の開業です。
休憩所跡(屋敷)も壊されていたはずです。だって50年ですから・・・・
また上り屋敷駅は目白駅に近いため乗り降りするメリットはほとんどありません
噂では上がり屋敷付近に武蔵野鉄道の社長宅があったとか・・
東長崎駅は長崎村の西ですしすぐお隣は江古田村ですし・・・・
江古田駅(大正11年)に至っては、武蔵高等学校仮停留所となり武蔵野鉄道が株主であった高校のための駅でした。
武蔵野鉄道の駅名はほとんど迷惑な話ばかりですよね〜(笑)
そんな調子の経営なため大正14年に箱根土地(コクド/西武鉄道)に株の一部を所得され、昭和7年には経営危機に陥り堤氏が再建を目指し、昭和13年に大口債権者であった東武鉄道が債務免除に応じ経営の道筋を立てたそうです。
江古田駅は幸運なことに大正12年には駅を東寄りに移し武蔵野鉄道江古田駅となったこと・・
経緯は不明だが大正13年には大泉(学園)を分譲していた堤氏が大泉学園駅を武蔵野鉄道へ寄贈したことを考えれば江古田駅周辺にも何かしらの考えが作用したに違いないと思います。
翌年は一部であっても株を所得してますし・・
もし堤氏が大泉の地で分譲を開始するのでなく椎名町もしくは東長崎での分譲であれば長崎学園と言う名の駅名が誕生したことでしょう。

地名(町名)になかった椎名町を大正13年に武蔵野鉄道が駅名とし、東京市15区から35区になった市郡合併の昭和7年に椎名町は正式に町名となりました。
駅の北口を長崎、南口を椎名町・・・。
私が子供ごろ(記憶違い?)は南口はなく椎名町駅と言えば北口がメインで南口は全て住宅街でした。その流れは今も変わってません。
と言うのも南口は谷端川が流れてました。
谷端川の形を見ればどこか岬のようにも見えます。
長い崎の突端に長崎神社を立て水難除けをしたと思われます。
また、椎名町も椎木が多くあったことが真相ではないかと思います。
学習院やおとめ山でドングリは普通にいっぱいありましたから・・。


椎名町の不幸は突然やってきます。
戦後すぐのあの大きな事件です。
当時を知る人によれば、椎名町の開発は全てストップし土地価格は1/10となり引っ越ししたくとも出来ない状態になったそうです。
椎名町は昭和7年(豊島区成立)の7年後1939年昭和14年の区の住居変更で
長崎南町1〜3 長崎東町1 千川3が椎名町1〜8丁目が成立しました。
住民にとっては住所変更した翌年に戦争が起こり戦争が終わりホッと一息で事件ですから嫌になります、
せっかくできた椎名町は昭和39〜40年の再度の住所変更で住民の意思で南長崎1〜6、目白4〜5へとなったのです。
豊島区の町名

現在の椎名町駅は高架駅のため改札が2階となります。
瀧乃家へは必ず南口へ下りてくださいませ〜
椎名町駅の商店街は北口となり、南口は山手通りの高架下で自転車駐車場が目に入り少し寂しげな風景です。南口は南長崎1丁目で山手通り上に見ながら越すと目白5丁目となります。
現在の北口は長崎1丁目であり山手通りを越せば西池袋となります。
住所もかなり複雑な上、椎名町駅から瀧乃家への道は住宅街を抜けて歩きます。
目白駅より近いのですが迷うと大変なことになります。
昔ながらの道なので細く多少曲がっているため南に歩いてるつもりが東(西)へ進んでいることもあります、そのため方向感覚を失いとんでもない場所にへ・・・・・。

ぜひ楽しみながら椎名町駅から瀧乃家へ歩いてください。