目白〜瀧乃家
そもそも「目白」との呼び名はいつから始まったのでしょうか?
東京府北豊島郡の時代には地名(町名)において目白はありませんでした。
やはり1885年(明治18年)の目白駅誕生が始まりかと思います。
しかし、駅名に目白と命名した人って誰なんでしょう?五色不動のひとつ目白不動から思いついた人は・・・・?
五色不動は江戸を守る結界の役があります。

明治18年(1885)品川赤羽間の駅は品川>目黒>渋谷>新宿>目白>板橋>赤羽です。
改めて見ますと江戸の五街道の宿場町とお不動様の駅名なんですね〜
品川は東海道、渋谷は大山道、新宿は甲州街道、板橋は中山道、日光街道は岩淵宿が荒川に近いため赤羽になったと思います。
そして目黒、目白の不動尊は鉄道の護り神の意味合い、願いがあったのかも・・。

その後の目白は
明治34年(1902)に日本女子大、四谷から移転した学習院が明治41年(1908)、昭和6年(1930)徳川黎明会・・文教地区として形成され、大正に入り(1914年)堤康次郎氏によって目白文化村が作られ発展しました。もちろん相馬家、近衛家の旧華族の存在は大きいでしょう〜
しかし
1935年から建設が始まる山手通り(開通昭和36年)のため文化村は縦断され東京大空襲でも一部焼失し新目白通り(開通昭和42年)に横断され事実上目白文化村はなくなりました。

町名の目白町が起立したのは1932年(昭和7年)東京市15区から35区になり北豊島郡から豊島区発足されたときです。昭和39年(1964)には目白4〜5丁目が新たにでき現在に至ります。
目白通りの命名時期は不明なのですが、清戸道から高田大通りになり目白通りとなったようです。
目白駅が全国初1919年(大正8年計画/大正11年完成)の橋上駅舎になったころ、もしくは、関東大震災後に道路(歩道)拡張し昭和2年から始まった明治通りの千登世橋の完成(昭和8年)後辺りではないかと・・?




清戸道を使い目白から瀧乃家への地図です。
清戸道の名残りを一番示しているのは新宿区と豊島区の区界です。
地図に表示してある道はかなり曲がりくねってます。
北側を豊島区、南側が新宿区となります。
瀧乃家辺りから清戸道は完全に目白通りと重なり、目白通りが区界となりました。
瀧乃家の脇道は江戸時代から地図にも表示され由緒ある脇道です(笑)
学習院側の清戸道は学習院の敷地内にあるためどの辺りが清戸道か不明です
しかし、目白駅が橋下駅舎のころ踏切があり踏切の先がちょうど学習院の西坂門辺りですので西坂門の先が清戸道と考えていいでしょう〜

明治13年の地図にはすでに現目白通りに沿っての道があります。
清戸道は江戸時代の道と思われます。
明治以降に作られた通り名は高田大通りとなり、その後目白駅ができ、明治の後半もしくは大正から目白通りとなったと考えます。私の考えでは目白駅が橋上駅舎になる前にも道路として橋は必要なもの。目白橋(以前の目白駅では目白通りと目白橋は別にありました)は明治の時代にはあったと考えるのが自然です、表記では高田大通りであっても通称名目白通りと言っていた可能性は高いと思います。





下落合を散策しながらのコースです。

下落合3丁目駐在所を目指します。
その先が近衛町で道の真ん中にある大きな木は馬車の迂回場所です。
駐在所を右折し100メートル先あたりに右へ折れる道がありますがその辺り(左側)が相馬邸となります。もし右折をすれば道路より低いマンションが見え、そこは相馬家の庭(林泉園)です。
その先を左に曲がりますと相馬坂があり、手前に中学小学校そしておとめ山の門があります。
相馬坂を下りずに右へと曲がります。200メートルほどで道が広くなり、左が七曲り坂、松の木がある大きなマンション(億ションとも・・)はミツワ石鹸の元社長宅(三輪邸)。
そのまま真っ直ぐ進むと左に下落合公園(本田総一郎氏が西落合の邸宅を立て直す期間2年ほど住みその後下落合初の公園)があります、
目白通りを出ると瀧乃家です。

お待ち申し上げます。